本文へスキップ

永長研究室

永長研のホームページへようこそ!
研究室へのお問い合わせは下記までご連絡ください。見学も随時行っています!

E-mail : einaga.hisahiro.399@m.kyushu-u.ac.jp
※メールを送られる際は@を小文字で打ち直してください
〒816‐8580 福岡県春日市春日公園6-1 九州大学大学院 総合理工学府C棟3階 TEL(092)583-7525
 
受験生の皆様へ:本研究室は、九州大学学部生をはじめ、他大学、高専からの転入学も受け入れています。
平成26年度入試情報は総合理工学府ホームページをご確認ください。
※物質理工学専攻では、平成23年4月修士課程入学者の一般選抜試験から英語の試験を廃止し、それに替わって、TOEIC® Test, TOEFL, ESOL(Cambridge) いずれかの結果を採用しています。これら英語試験のいずれかを必ず受験しておいてください。

news

2015年4月1日
新入生が加わりました。【→メンバー情報
2013年3月26日
6名の学生が修士を修了しました。【→就職先情報はこちら
2012年12月16日
学術研究員にMEGARAJAN SURESH KUMARさんが着任しました。

お知らせpublicationsmore

A. Tou, H. Einaga, Y. Teraoka, Preparation of alumina-supported Pd and LaMnO3 catalysts with the site-selective deposition and their catalytic activity for NO-CO reaction, Catalysis Today, doi:cattod.2012.04.033 (2012)
H. Shimokawa., Y. Kurihara., H. Kusaba., H. Einaga., Y. Teraoka, “Comparison of catalytic performance of Ag- and K-based catalysts for diesel soot combustion”, Catalysis Today,185(1), pp.99-103 (2012)
・H.Liu, J. Yuan, Z. Jiang, W. Shangguan, H.Einaga, Y. Teraoka, “Roles of Bi, M and VO4 tetrahedron in photocatalytic properties of novel Bi0.5M0.5VO4 (M = La, Eu, Sm and Y) solid solutions for overall water splitting”, Journal of Solid State Chemistry, 186, pp.70-75 (2012).
永長久寛,木村加奈,寺岡靖剛,"構造を制御したPtおよびPt-Rh粒子の調整とTiO2への高分散担持”,触媒, 54(2), pp.78-80 (2012)
Y. Teraoka, H. Einaga, “Tailored design and synthesis of catalysts for environmental processes”, Novel Carbon Resources News Letter, 6, pp.25-29 (2012).
K. Kimura, H. Einaga, Y. Teraoka, “Preparation of Highly dispersed noble metal catalysts using liquid-phase adsorption of colloidal nanoparticulates”, Novel Carbon Resources News Letter, 6, pp.30-31 (2012)
A. Tou, H. Einaga, Y. Teraoka, “Development of active catalysts for automobile exhaust treatment based on the interaction between Pd and LaMnO3”, Novel Carbon Resources News Letter, 6, pp.32-34 (2012)