アクセス

 機能材料を用いた各種のデバイス(素子)は、
新しい科学技術構築の鍵を握るものとして、今後益々発展が期待されています。
 機能材料の物性は、バルクのみならず表面・界面の構造や組織などに依存し、デバイス構築のためにはそれら諸因子の制御・最適化が最も重要です。
 我々の研究室では、新しい化学的機能デバイスの創製を目指し、新しい機能材料の設計・合成から構造物性等の解析、デバイス構築と特性評価にいたる広い範囲で検討を行い、研究を展開しています。